ブログ内検索
記事カテゴリー
野菜の知識 (120)
旬の素材レシピ (83)
組合からのつれづれ日記 (87)
イベント (9)
記事一覧
菊芋
栗の栄養
メロン
アボカド
パイナップル
マンゴー(沖縄産)
小玉すいか ひとめぼれ7
小原紅早生
早生りんご つがる
K氏の日記 56
青りんご
キウイフルーツ(4)ニュージーランド産
そら豆
K氏の日記 55
にんにく(プチにんにく)
タラの芽
かぶ
レタスの時期
キウイフルーツ(3)讃岐ゴールド
マスクメロン
事務局K氏の日記より 52
身体を温める野菜
事務局K氏の日記より 51
シャインマスカット
トマト
マンゴー
パッションフルーツ
事務局K氏の日記より 50
やまもも
事務局K氏の日記より 49
事務局K氏の日記より 48
事務局K氏の日記より 46
事務局K氏の日記より 45
ふきのとう
ラディッシュ
ネーブルオレンジ
事務局K氏の日記より 43
事務局K氏の日記より 42
事務局K氏の日記より 41
金時にんじん
晩白柚(バンペイユ)
カリン
アテモヤ
ざくろ
銀杏
なめこ
栗の皮のむき方
アケビ
モロヘイヤ
幸水(こうすい)
瀬戸ジャイアンツ
茗荷(みょうが)
えだまめ
金糸瓜(そうめんかぼちゃ)
ピーマン
冬瓜(とうがん)
パプリカ
ゴーヤー・ニガウリ
西瓜(スイカ)
ミント
バランスよく野菜をとるために☆
とうもろこし(スイートコーン)
坊ちゃん南瓜
ピオーネ
オクラ
赤しそ(赤紫蘇)
もも 2
もも
ズッキーニ
さくらんぼ
すもも(プラム・プルーン)
らっきょう
梅(うめ)
なす
にんじん
びわ
じゃがいも
にんにく
スナップえんどう
新生姜(新しょうが)
新玉ねぎ
さやえんどう
はるか
筍(たけのこ)
葉たまねぎ
甘夏
アスパラガス
レタス
青梗菜(チンゲンサイ)
ふき( 蕗 )
はっさく(八朔)
カリフラワー
キウイフルーツ(2)
キウイフルーツ(1)
ブロッコリー
菜花(なばな)
ポンカン
やまのいも
デコポン
伊予柑
なべちゃんねぎ
葱(ねぎ)
くわい
もうすぐお正月
いちご
食物繊維と抗酸化性分
ゆず
水菜
だいこん
ほうれん草
西洋なし
セレベス
春菊(しゅんぎく)
かぼちゃ
マンバ
かき
みかん
20世紀なし
だいこん
さといも

野菜の知識

区切り線

モロヘイヤ

モロヘイヤは、とっても栄養価の高い"健康野菜"です

カロテン含有量は野菜でトップクラス
ビタミンB群・Eも豊富で、特にビタミンB2はホウレン草の約2倍!!カルシウムは7倍!!
原産地は、エジプトで、日本で本格的に栽培され出回ったのは、ほんの十数年前です。
日本では、群馬県産・三重県産・秋田県産が多く出回っています。栽培が簡単なことから、自宅で栽培される方も多いそうです。

ただ、モロヘイヤの種は、毒性があるので食べない様注意してくださいね。
モロヘイヤは、『王様の野菜』と呼ばれているんです。
原産地の古代エジプトの伝説に、どんな薬を飲んでも治らなかった王様の難病が、モロヘイヤのスープで治ったという話があります。それ以来、『王様の野菜』と呼ぶようになったそうです。

葉を刻むと、山芋やオクラのようなヌメリが出るのが特徴です。
ヌメリ成分のムチンは胃腸など消化器官や、目などの粘膜を保護、肝機能を高める働きがあります。
モロヘイヤは、鮮度が落ちるとかたくなってしまうので、早めに食べましょう。保存は、サッと茹でてよく水を切り、ラップに1回分ずつ小分けして冷凍保存できます。
また、冷凍前に細かく刻んでおくと調理がすぐできますよ。

食事の偏った、現代人にも必要です。クセも匂いもないので、納豆に混ぜたり、豆腐・ご飯にかけて、しょう油をたらして食べてみてください!!